資料を持っている女性

学ぶ場所

ビル

エステティシャンになる方法

エステティシャンはエステサロンで働く美容のスペシャリストともいえる人達です。エステティシャンになるには、エステティシャンの専門学校や養成学校などを卒業して就職するか、あるいは未経験から求人に応募して就職する二つの方法があります。 専門学校に通えば、エステで必要な様々な技術を身につけることができます。マッサージのスキルはもちろんのこと、カウンセリング技術、接客技術なども必須です。即戦力となる人材を育てているので、就職してすぐに活躍できます。 未経験でもエステサロンの求人に応募して書類審査や面接に通ればなれます。未経験でも応募できる求人がほとんどです。エステティシャンは学歴や資格よりも実力が大事です。無資格でも実力次第でトップになることができます。

美容のスペシャリストとして活躍できる

友達の髪の毛を触ったりお化粧をしたり、だれかを綺麗にしてあげることが好きな人や美容情報に詳しい人なら、エステティシャンの求人に応募する素質があります。エステティシャンは美容のスペシャリストでもあるため、自分自身がきれいである必要があります。容姿が整っていることよりも、美しい立ち居振る舞い、丁寧な言葉使いができることが美しい女性の条件です。 エステティシャンはまた体力がいる仕事でもあります。一日中立ちっぱなしで、お客様にマッサージをする必要があるので、手も足も腰も疲れます。足腰を痛めて辞めてしまうエステティシャンも多いそうです。 美しいだけではなく体力も備わっていることで一人前のエステティシャンとして活躍できるのです。